Mi*tuのじゆうちょう。

好きなことをのんびり書いていきます。よろしくお願いします♪

「君の名は。」地上波で放映されたので、新海さんの作品に想いを馳せてみる※ネタばれあります

あけましておめでとうございます。

2018年始まりました!

今年は珍しく家でのんびりぐーたらした正月を過ごさせてもらいました。

 

おかげさまで、2017年の疲れが抜けたかな・・・と。

 

2017年一大ブームとなった「君の名は。」が遂に地上波で放映されましたね!

見に行きたい。見に行きたいと思っていた私にとって2018年初っ端から嬉しいことでした。

 

新海監督の作品と言われて私が真っ先に思いつくのが、

 「秒速5センチメートル

秒速5センチメートル [Blu-ray]

秒速5センチメートル [Blu-ray]

 

 桜の花びらが落ちる速度なんだそうな。

 

お気に入りの作品は、

言の葉の庭

 秦さんの曲がよいタイミングでかかるもんだから、感情がブワーっと溢れだします。

 

背景映像がとても美しいのも魅力的。

 

 そして今回の「君の名は。

 英語にするとYour Nameなんですね。

 

秒速5センチメートル」と「言の葉の庭」を見てきた私にとって新海監督の作品って非日常を映画にしているというよりは、

日常のちょっと特殊な一部を切り抜いたドキュメンタリーを作品にしている感じ。

 

なので、終わりも、気付けば終わりを迎えていて、

「あぁ、終わってしまったな。」と先ほどまでの映像に想いを馳せ、

主人公たちがどうか少しでも幸せだと。あの頃のことは、よい思い出だったなと。笑って過ごせますように。

となぜか主人公たちの未来の幸せを願ってしまう。

そんな作品のイメージでございました。

 

なので、「君の名は。」を見たときの衝撃。

タイムリープもの?!

そんなことありえるの?!

新海監督の作品に新しいジャンルが生まれたのかしら。

とついつい思ってしまいました。

(偉そうですみません)

 

途中はRADWINPSのPVみたいでしたね。

 

タイムリープには、全然気付きませんでしたが、それ以外の時間が行き来する映像にも違和感なく入り込め、一つ一つの時間の流れを理解でき、すごくきれいにお話が整理されていて、とても見やすかったです。

 

そして、一部ネットでも話題になっておりましたが、

(やはりそうでしたか!!)

言の葉の庭のユキちゃん先生が出演しておりました!

 

元気そうなお姿に、私、

「先生、元気そうでよかったですね。もう大丈夫ですか?」

とついつい声をかけたくなってしまいましたよ!

 

こういうのは、作品を見続けている人にとって嬉しいサービスですよね!

 

最後も、なんだか新海監督らしいハッピーエンドな感じがして気持ちがほっこりあたたかくなりました。

ですが、社会人になるとものの見方が変わって困りますな・・・。

通勤途中で色々なことが起こるものだから、「会社は?!」「遅刻しちゃうよ?!」とついつい社会人目線で映画を見てしまって、

盛り上がれない自分もいるという事実・・・。

 

 

ネットで感想を見ていると、何やら色々な箇所に伏線やら、前作品のパロディ(?)が含まれているみたいです。

これは、もう一度監督の作品を見直す必要があるのでは?!

 

まだまだ「君の名は。」で楽しめそうです。

他作品を見たことない方もぜひ、新海監督の他の作品も見て欲しいなと思います。